ふゆろぐ。

ふゆろぐ。

専業主婦のママ生活。ただのlog。

来年のスケジュール帳

札幌ロフトに来年のスケジュール帳が並びはじめてました。

 

 

◇さて、来年の手帳はどうしよう?

今の手帳もお気に入りなので、しっかり3月末まで使いきる予定。それでも手帳が好きなので…、並んでたら見てしまう。手にとってパラパラしてしまう。どうしよう、もう買うか?(だめ、まだ買わない)

 

 

◇好きな様式

次で9冊目になる手帳。仕事とプライベートを管理したり、TODOリスト、短い日記を書くには、マンスリーとウィークリーは必要。レフト型やセパレート型などなど試したところ、「仕事がシフト制」なことと、「隙間時間が見つけやすい」から、今年と同じバーチカル型のものが希望。そのほか、毎日の天気や体調、服装など、メモしていることがあるので、1日のフリースペースもそこそこ欲しい。

 

 

◇持ち歩く?家置き用?

持ち歩き希望。今の手帳も「持ち歩こう」と思ってB5サイズで購入したもの。しかし、その後、物を減らす、少ないもので暮らす、を目指しはじめたので、「荷物を軽くしよう」と持ち物を厳選した結果、鞄の大きさ、外出先にもよりますが、手帳は鞄から出すことが多くなりました。理由は大きいから。仕事用の鞄はA4サイズが入るので仕事には持って行けても、プライベートは小さくて使いやすい鞄を見つけたので、家に置きっぱなしが多くなってました。でも、その出先で予定を入れたい、変えたいときに、予定がその場でわからない!と、モヤることも度々…。不便に感じていました。

 

 

◇結局

どんなのがいいか、と探していたところ、「ほぼ日手帳」を発見。さらにその文庫サイズも発見。パラパラーとめくってみたところ、紙薄っ。え、薄っ。トモエリバーという特殊な紙だそうです。辞書の紙みたい。とにかく薄い。パラパラする音もなんか高い。バーチカルもあるし、1日のフリースペースもたくさんある。仕事は1ヶ月毎にシフトが組まれるので、ウィークリーページになっていなくても、1日ずつ書き込めれば良さそう。

 

ということで、2018年の手帳は

【4月はじまりの、ほぼ日オリジナル】

が、今のところ候補です。

 

たぶん2月頃から発売みたいなので、購入したら使い勝手など、色々試してみたいと思います。