ふゆろぐ。

ふゆろぐ。

専業主婦のママ生活。ただのlog。

会社の健康診断と声帯炎の状態

調子にのって3:00まで起きてましたら寝坊しました(;д;) おかげで朝ご飯遅くなって午後イチの健康診断まで時間短くて済んだけど。

 

 

健康診断で採血の時に両腕に射される、いつもの感じ。安定。

採血部屋で。

(私)「ある方で(両腕を出す)」

看護師さん「じゃあ左でいきましょう(ツンツン,ツンツン,ツンツン,ゴシゴシ)はい、ちくっとしますよー、…あれ、んー…すみません、一回抜いていいですか?」

(私)「どうぞー」

看護師さん「右でもいいですか、すみません…んー…(ツンツン,ツンツン,ツンツン,ツンツン,ツンツン)んー?…」

ここら辺で看護師さんの動揺が出始める。

看護師さん「ちょっとお待ちくださいねー(席をはずす)」

私「はーい」

見つからなかったんですね( ;∀;)笑 昔から血管見つかりにくいらしく、採血とか点滴は両腕を差し出す。出きれば一発で、と毎回思うけどそうなったことはない。

 

しばらくしたら、さっきの人より先輩らしき人が来た。

看護師さん2「お待たせしましたー」

私「(人が変わりおった…)いーえー」

看護師さん2「左腕見せてくださーい。(ツンツン,ツンツン,ツンツン,ツンツン)右腕も見せてくださーい(ツンツン,ツンツン,ツンツン,ツンツン)…んー、そっかぁ…んー………………、お、よしきた、はいちくっとしますよー(ブスッ)」

 

「お、」から「(ブスッ)」まで2秒くらいだった…スピードにもほどが…( ̄▽ ̄)

 

次の血圧測るときにさらに違う看護師さんに「あ、さっきの。じゃぁ左腕出してくださーい(﹡ˆ﹀ˆ﹡)」て…やだもう…

 

 

 

その後、声帯炎の診察+ボイストレーニング。の前に診察。

機械くわえて

「うーーーーーーーーーー(普通の)」

「うーーーーーーーーーー(高いの)」

「うーーーーーーーーーー(低いの)」

「うーーーーーーーーーーーーーーーーー(普通のでいけるとこまで)」で、なんか測って待合室へ。

(´._.`)<(なんだ…こんな検査初…前の診察で「呼吸の仕方が下手」とか言われたからか…?いやでも、今は声出しにくいとかないし…、なんか変な数値出てたらどうしよ…これ以上会社休みたくない…)ビビってたら看護師さんが来た。

「前回来ていただいたときに、ボイストレーニングということでご予約あったんですけど、あの、健康で、ボイストレーニング、必要ないです…(。´・_・`。)」

 

なんだとΣ(゚д゚)

 

その後先生の診察もうけたけど「もう腫れも治まってて、痰がちょっと絡むみたいだけど、薬出すほどでもないよー」とのこと!やったー!(๑°ㅁ°๑)‼✧ 仕事行けるぅー

 

 

 

今日は競馬。

当たるかな~(´,,•з•,,`)